導入方法

インストール

  1. ++Regnessemのリリースページ(http://ppregnessem.sourceforge.jp/releases/)から最新のリリースファイルをダウンロードしてください。インストーラ版とアーカイブ版があります。
  2. アーカイブ版をダウンロードした場合は、任意の場所に展開してください。インストーラ版をダウンロードした場合は画面の指示に従ってインストールしてください。
  3. Visual C++ 2008 ランタイムが必要です。アーカイブ版では別途インストールを行ってください。
  4. 展開(もしくはインストール)したフォルダにあるnsmsgs.exeを実行すると++Regnessemが起動します。

Windows Vistaでは、"Program Files"以下にインストールすると正常に動作しませんので、別のフォルダにインストールを行ってください。

アンインストール

++Regnessemは基本的にレジストリを使用していません。アーカイブ版の場合はそのままフォルダごと削除してください。インストーラ版を使ってインストールした場合は、そのまま削除するとレジストリに情報が残ってしまうのでコントロールパネルのアプリケーションの追加と削除から削除してください。

アップデート

++Regnessemの新しいバージョンがリリースされた際のバージョンアップの方法です。

  1. 「インストールの項」に従って新しいバージョンの++Regnessemをダウンロードします。このとき++Regnessemは終了させておいてください。
  2. アーカイブ版をダウンロードした場合はnsmsgs.exeおよびPluginsフォルダの中身を直接上書きすることで既存の設定を引き継いだままアップデートできます。
  3. インストーラ版をダウンロードした場合は、先にアプリケーションの追加と削除から先に古いバージョンの++Regnessemを削除してから新たにインストールしてください。

基本的には上記でアップデートできますが、仕様変更等で設定ファイルの中身が流用できないことがあります。その場合、++Regnessemを終了し、インストールフォルダ以下にある全てのiniファイルをバックアップ後、削除して再起動してください。