FileIOモジュール

AddIn/FileIO/Open

既存のファイルを読み込み専用に開きます。

引数
wParam
ファイルへのフルパス(LPCSTR)
lParam
0
戻り値
正常にファイルを開いた場合はハンドル(HNsmFileIO)を、それ以外の場合は0

AddIn/FileIO/Create

ファイルを書き込み用に開きます。ファイルはオプションで指定される受信ファイル用フォルダ内に作られます。ファイルがすでに存在する場合は「ファイル名(番号).拡張子」と言うように数字が付与されます。

引数
wParam
パスを含まないファイル名(LPCSTR)
lParam
0
戻り値
正常にファイルを開いた場合はハンドル(HNsmFileIO)、それ以外の場合は0

AddIn/FileIO/Read

読み込み用に開いたファイルからデータを読みとります。

引数
wParam
ファイルハンドル(HNsmFileIO)
lParam
PNsmFileIOData
戻り値
実際に読み込んだデータのバイト数

AddIn/FileIO/Append

書き込み用に開いたファイルへデータを書き出します。

引数
wParam
ファイルハンドル(HNsmFileIO)
lParam
PNsmFileIOData
戻り値
実際に書き出したデータのバイト数

AddIn/FileIO/Close

ファイルを閉じます。ファイル入出力が終了したら必ず実行してください。

引数
wParam
ファイルハンドル(HNsmFileIO)
lParam
0
戻り値
正常にファイルが閉じられた場合は1を、それ以外の場合は0

AddIn/FileIO/GetInfo

ファイルの情報を取得します。現在のところ取得できるのはファイルサイズ(バイト)のみです。

引数
wParam
ファイルハンドル(HNsmFileIO)
lParam
PNsmFileIOInfo
戻り値
正常に情報を取得できた場合は1を、それ以外の場合は0