関数型

TNsmServiceProc

サービスを登録する際に用います。

typedef LONG_PTR (__stdcall *TNsmServiceProc)(
    WPARAM wParam,
    LPARAM lParam
);

TNsmEventProc

イベント処理の登録に用います。

typedef int (__stdcall *TNsmEventProc)(
    WPARAM wParam,
    LPARAM lParam
);

TCreateServiceProc

Initialize関数の引数として、システム関数CreateService関数を受け取る際に利用します。

typedef HNsmService (__stdcall *TCreateServiceProc)(
    LPCSTR lpServiceName,
    TNsmServiceProc lpProcAddr
);

TGetServiceProc

Initialize関数の引数として、システム関数GetService関数を受け取る際に利用します。

typedef HNsmService (__stdcall *TGetServiceProc)(
    LPCSTR lpServiceName
);

TCallServiceProc

Initialize関数の引数として、システム関数CallService関数を受け取る際に利用します。

typedef LONG_PTR (__stdcall *TCallServiceProc)(
    HNsmService hServiceHandle,
    WPARAM wParam,
    LPARAM lParam
);

TCreateEventProc

Initialize関数の引数として、システム関数CreateEvent関数を受け取る際に利用します。

typedef HNsmEvent (__stdcall *TCreateEventProc)(
    LPCSTR lpEventName
);

TGetEventProc

Initialize関数の引数として、システム関数GetEvent関数を受け取る際に利用します。

typedef HNsmEvent (__stdcall *TGetEventProc)(
    LPCSTR lpEventName
);

TNotifyEventProc

Initialize関数の引数として、システム関数NotifyEvent関数を受け取る際に利用します。

typedef int (__stdcall *TNotifyEventProc)(
    HNsmEvent hEventHandle,
    WPARAM wParam,
    LPARAM lParam
);

THookEventProc

Initialize関数の引数として、システム関数HookEvent関数を受け取る際に利用します。

typedef int (__stdcall *THookEventProc)(
    LPCSTR lpEventName,
    TNsmEventProc lpProcAddr
);

TUnhookEventProc

Initialize関数の引数として、システム関数UnhookEvent関数を受け取る際に利用します。

typedef int (__stdcall *TUnhookEventProc)(
    LPCSTR lpEventName,
    TNsmEventProc lpProcAddr
);

TEnumConnectionCallback

System/Connection/Enumサービスの第1引数に用います。第1引数に現在管理されているコネクションが順に代入されて、コールバック関数が呼ばれます。

typedef int (__stdcall *TEnumConnectionCallback)(
    HNsmConnection hConnection,
    LPARAM nData
);
引数
hConnection
コネクションハンドル
nData
System/Connection/Enumサービスの第2引数に指定した値
戻り値
評価されません

TEnumSessionCallback

System/Session/Enumサービスの第1引数に用います。第1引数に現在管理されているセッションのハンドルが順に代入されて、コールバック関数が呼ばれます。

typedef int (__stdcall *TEnumSessionCallback)(
    HNsmSession hSession,
    LPARAM nData
);
引数
hSession
セッションハンドル
nData
System/Session/Enumサービスの第2引数に指定した値
戻り値
評価されません

TEnumFileSessionCallback

System/FileSession/Enumサービスの第1引数に用います。第1引数に現在管理されているセッションのハンドルが順に代入されて、コールバック関数が呼ばれます。

typedef int (__stdcall *TEnumFileSessionCallback)(
    HNsmFileSession hSession,
    LPARAM nData
);
引数
hSession
ファイル転送セッションハンドル
nData
System/FileSession/Enumサービスの第2引数に指定した値
戻り値
評価されません

TEnumProtocolCallback

System/EnumProtocolsサービスの第1引数に用います。第1引数に現在管理されているプロトコルモジュールのモジュール名が順に代入されて、コールバック関数が呼ばれます。

typedef int (__stdcall *TEnumProtocolCallback)(
    LPCSTR lpProtocol,
    LPARAM nData
);
引数
lpProtocol
プロトコルモジュールのモジュール名
nData
System/EnumProtocolsサービスの第2引数に指定した値
戻り値
評価されません

TEnumModuleCallback

System/EnumModulesサービスの第1引数に用います。第1引数に現在管理されているモジュールのモジュール名が順に代入されて、コールバック関数が呼ばれます。

typedef int (__stdcall *TEnumModuleCallback)(
    LPCSTR lpModuleName,
    LPARAM nData
);
引数
lpModuleName
モジュール名
nData
System/EnumModulesサービスの第2引数に指定した値
戻り値
評価されません

TEnumMemberCallback

System/Connection/Members/EnumSystem/Session/Members/Enumサービスに用います。第1引数にメンバのアカウント名が順に代入されてコールバック関数が呼ばれます。

typedef int (__stdcall *TEnumMemberCallback)(
    LPCSTR lpAccount,
    LPARAM nData
);
引数
lpAccount
アカウント名
nData
TEnumMemberInfo構造体のnDataに指定した値
戻り値
評価されません

TEnumGroupCallback

System/Connection/Groups/Enumサービスに用います。第1引数にグループIDが順に代入されてコールバック関数が呼ばれます。

typedef int (__stdcall *TEnumGroupCallback)(
    int nGroupID,
    LPARAM nData
);
引数
nGroupId
グループID
nData
TEnumGroupInfo構造体のnDataに指定した値
戻り値
評価されません

TEnumUIServiceCallback

UIServiceのEnum系サービスに用います。第1引数にサービス名が順に代入されてコールバック関数が呼ばれます。必要であればサービス名からGetService関数を用いてサービスハンドルを得ておきます。

typedef int (__stdcall *TEnumUIServiceCallback)(
    LPCSTR lpServiceName,
    LPARAM nData
);
引数
lpServiceName
サービス名
nData
TEnumUIServiceInfo構造体のnDataに指定した値
戻り値
評価されません

TNotifyClickCallback

UI/Notifyサービスによって表示された通知をクリックした際に呼ばれます。

typedef void (__stdcall *TNotifyClickCallback)(
    LPARAM nData
);
引数
nData
TNotifyInfo構造体のnDataに指定した値

NsmSocketFunc

クライアントソケットサービスでイベントが発生した場合に呼び出されるコールバック関数です。

typedef void (__stdcall *NsmSocketFunc)(
    HNsmClientSocket Handle,
    LPARAM Data
);

NsmSocketErrFunc

クライアントソケットサービスでエラーが発生した場合に呼び出されるコールバック関数です。

typedef void (__stdcall *NsmSocketErrFunc)(
    HNsmClientSocket Handle,
    LPARAM Data,
    int ErrorType,
    int &ErrorCode
);

ErrorTypeにはエラーの種類を表す以下の定数のどれかが納められます。

定義済定数 情報
0 NMSOCK_ERR_GENERAL 一般エラー
1 NMSOCK_ERR_SEND 送信エラー
2 NMSOCK_ERR_RECEIVE 受信エラー
3 NMSOCK_ERR_CONNECT 接続エラー
4 NMSOCK_ERR_DISCONNECT 切断エラー
5 NMSOCK_ERR_ACCEPT 接続時エラー